英語大好きカピバラさん

TOEIC980点、英検1級の通訳翻訳兼英会話講師カピバラさんが英語学習、英語を使った仕事、趣味などについて綴っています。

フィンランド ヘルシンキからエストニア タリンへの日帰り旅行〜予約は必ずしも必要ではない〜

フィンランドに滞在する際、余裕があるならぜひエストニアにも行ってみてください。

 

飛行機でも行けるそうですが、私はフェリーをおすすめします。私は船の旅が好きなんです。2時間くらいで着きますよ。

 

日程をきちんと日本で決める方は前日までに予約しておくと少し安くなります。ツアーでも買えますし、フェリー会社のHPからでも購入できます。

私が乗った、タリンクシリヤラインというフェリー会社のHPはこちら↓

北欧&バルトを結ぶバルト海クルーズ | タリンク&シリヤライン公式サイト | - Tallink & Silja Line

f:id:lovecapybara:20190819191406j:image

私が買った日8月12日は前日HPで確認した金額より往復で€4高くなっていました。

 

私のようにめんどくさがり、旅行の予定は現地に着いたら決める、という方は当日乗り場に行ってチケットを購入しましょう。色んなブログやウェブサイトには予約しようとしか書いてありませんが、私は平日だったからか当日でもチケット買えました。

 

フェリー乗り場への行き方は、トラム Kamppi駅から7と書いてある電車に乗って終点まで行ってください。

 

トラムを降りたら目の前に綺麗な建物で、Terminal2とかいてあるのがあるので、それです。

 

英語が苦手ですって?

 

大丈夫です、受付のお姉さんにこの一言だけ言えば全てうまくいきます。

 

I want to go to Tulin.

(アイ ウォントゥ ゴォ トゥ タリン)

 

あとは、パスポートプリーズと言われてパスポート見せ、帰りの時間を伝えてお金を払うだけです。

 

朝10時30分のフェリーに乗ると日帰りなら帰りはタリン発16時30分か19時30分です。

 

16時30分に帰りたい人は

Four thirty.

19時30分のに乗りたい人は

Seven thirty.

と伝えれば大丈夫です。

 

フェリー乗り場はこんな感じ。乗る前にご飯が食べられます。

もちろんフェリーのなかでも食べられます。

f:id:lovecapybara:20190815171407j:image

一番注意しなくてはならないのはフェリーの出発時刻です。

私は13時30分発のに乗りましたが、出発したのは10分前の13時20分!

f:id:lovecapybara:20190819184857j:image

早めに並んで乗り遅れないようにしましょう。

f:id:lovecapybara:20190818231024j:image

海は日本で見る太平洋と同じくらいの汚さでした。

さあ。タリンに着いたら他の旅行客の方についていけば、観光名所、旧市街に行けます。

f:id:lovecapybara:20190819190142j:image

古い町並みが素敵。

f:id:lovecapybara:20190815171546j:image

こんな可愛いカフェも☕️

f:id:lovecapybara:20190815171610j:image

少しロシアな感じも楽しめます。

f:id:lovecapybara:20190819190230j:image

展望台からは世界遺産の町並みが見渡せます。

 

フィンランドに行かれる方、日程に余裕があればぜひエストニアへも行ってみてください。

 

Love,カピバラ