英語大好きカピバラさん

TOEIC980点、英検1級の通訳翻訳兼英会話講師カピバラさんが英語学習、英語を使った仕事、趣味などについて綴っています。

英検3級面接に落ちる人の特徴・落ちる確率・落ちないために


【スポンサーリンク】

こちらのページを覗いてくださっている方は英検3級一次試験に合格し、二次試験にのぞむ方が多いと思います。

 

まずは、一次試験突破、おめでとうございます🎉

 

f:id:lovecapybara:20201105112544j:image

 

この記事では、英検3級面接に落ちる確率、落ちる人の特徴、落ちないための対策をご紹介します。

 

英検3級面接に落ちる確率

f:id:lovecapybara:20201105122036j:image

現在では英検の合格率が公表されることはなくなってしまいました。

そしてCBT, S-CBTなど新しい形式の試験も登場したため正確な合格率、落ちる確率は分かりません。

 

以前は、

 

英検3級は、一次試験の合格率は約50%。

二次試験の合格率は約90%。

 

と聞きましたが、最近もそんなに大きくは変わっていないのでは、と思います。

 

この私の考えからすると10人に9人は合格できますが、落ちてしまう人がいるのもまた事実。

 

落ちてしまうと3級ですと、5,900円、準会場の場合は3,900円再度払わないといけません。

 

面接本番に備えきちんと準備してのぞみましょう👍

 

英検3級面接に落ちる人の特徴

f:id:lovecapybara:20201105122051j:image

①沈黙してしまう

 

英検は3級から面接があります。

5級、4級と頑張ってきた方には不安な人が多いと思います。

 

普段の家の練習では、きちんと答えれていても面接本番では緊張して何も言えなくなってしまう、という方はいらっしゃいます。

 

質問されたらとにかく言葉を発する癖をつけるため、自分は緊張しやすいな、と思う方は対策を多めにした方がいいです。

 

家族じゃない人に対策してもらう方が本番に近いのでおすすめです。

 

②英語でコミュニケーションすることに慣れていない

 

英検3級だと家や学校で問題集で独学して合格することは十分可能です。

 

ただ、そういう独学で一次試験を合格した方は英語でコミュニケーションをとる、という経験が足りず、英検面接でも面接官とコミュニケーションがうまくいかないことがあります。

 

アイコンタクトが足りない、質問が聞き取れなくても、聞き返すことができなかったり、沈黙してしまう。。。

 

そんなことが起こってしまうのです。一度答えられないと、そのあとの質問も自信がなくなってしまいます。アイコンタクトが足りない、については自分で気づくことが非常に難しいと思います。

 

英検対策の経験が豊富な人に一度は対策をしてもらい、フィードバックをもらうことが大切です。

 

また、3級でも面接官がネイティブスピーカーの場合もあります。ネイティブスピーカーとの練習もしておいた方が絶対にいいです。

 

③準備をしていない

 

英検一次試験が終わって、「落ちたな。。。」と感じると自己採点もせず、現実から逃れるように英検の学習から離れる人が結構います。

 

いやいや結果を見ると、実は合格していた。しかし面接まであと1週間。

 

時間がなくて対策がドタバタで本番に望んでしまった人はやはり余裕がなくて面接もうまくいきません。

 

落ちた、と思ったても結果を見ないとわかりません。一次試験が終わった時点で二次試験では何をやるのかな、くらいは把握しておきましょう🙄

 

英検3級面接に落ちないために

f:id:lovecapybara:20201105121819j:image

英検3級面接では難しいことは要求されません。

 

ただ、緊張しやすい人は多めに対策をした方がいいです。

 

ご自身で対策する場合は、市販のテキストを使用しましょう。

「二次試験面接完全予想問題」は面接についてのすべてを網羅しています。

 

 

3級ですと、過去問題、予想問題集にも面接問題が掲載されているので、一次試験対策でこれらを使用した方はこちらを使うのもおすすめです。

 

 

 

無料のものですと、英検公式サイトがあるのでその中の「バーチャル二次試験」を見て面接全体の流れをつかむのも必要です。

 

www.eiken.or.jp

 

あと、実際に面接を一通り予行演習してみるのも大事です。

英検面接対策を行っている英会話教室は多いのでGoogleで「自分が住んでいる地域名+英検」で調べてみると英検対策を行っているところは多いと思います。

 

値段、立地、時間で自分にとって一番都合がいいところを選びましょう。

 

この際、本番1週間以内ですと、すでに席が埋まっている場合が多いです。

対策を申し込む場合は早め、本番2週間前までに申し込むと自分の都合のいい日時で予約をとれる確率が高いです。

 

オンライン英会話でもいいのかな、とは思います。その場合は、英検面接対策ができる先生を選びましょう。

 

 

まとめ

f:id:lovecapybara:20201105121730j:image

英検3級の二次試験の面接で落ちる確率は約10%。

 

面接で落ちる人の特徴は、

  • 沈黙してしまう
  • 英語でコミュニケーションすることに慣れていない
  • 準備をしていない

です。

 

英検3級面接に落ちないためには、準備が必要です。

英検公式サイトや市販のテキストを使用し準備すること、また、英会話教室やオンライン英会話で実際に本番さながらの準備をすることも強くおすすめします。

 

英検3級の面接にのぞむ皆さん、二次試験もしっかり対策していきましょう❗️

 

面接の流れ・例題についてはこちらから↓

lovecapybara.hatenablog.com

 

他の級についても知りたい方はこちら↓

lovecapybara.hatenablog.com

 

Love, カピバラ