英語大好きカピバラさん

TOEIC980点、英検1級の通訳翻訳兼英会話講師カピバラさんが英語学習、英語を使った仕事、趣味などについて綴っています。

【〜を率直に認める】make no bones about〜

こんにちは、カピバラです。

 

米トランプ政権がアルミの関税をあげましたね。それに関する記事に面白い表現があったのでここでご紹介したいと思います。

f:id:lovecapybara:20190125123824j:image

この記事はこんな一文から始まります。

 

A man makes no bones about his feeling toward U.S. manufacturing.

ある男性は米国製造業に対する自身の感情について率直に認めた。("Trump tariffs force tough choices at U.S. auto suppliers"より)記事の内容はよかったら読んでみてください。長すぎなくてリーディングのいい練習になりそうです。さて、気になる表現。

 

【make no bones about〜】 〜について率直に認める

 

面白い表現ですね。骨。。?骨。。

骨ってこんな感じ?

f:id:lovecapybara:20190125213906j:image

言わず見ざる聞かざる。。

それとも骨といえば犬!

f:id:lovecapybara:20190125213917j:image

骨咥えてる〜可愛い〜

英英辞典にはこんな風に載っています。"to be transparent about something"又他の辞書には"to not try to hide something or say you are sorry about it"とありました。

 

この熟語には他にもこんな例文があります。

 

He makes no bones about the fact that he is gay.

彼はゲイである事実について率直に認めている。

 

He made no bones about his dissatisfaction with the service.

彼はサービスへの不満をあからさまにした。

 

語源が分かったらもっと面白いなあ。。

 

ところで、今週は忙しかったです。明日明後日英検なので英検直前対策のクラス、プライベートレッスン、又他の先生がインフルエンザにかかりその先生のレッスン代講を引き受けました。みんな体調崩さずに本番ではベストを尽くし合格してほしいです。

 

英検についても今後書いていこうと思います。

 

今週は疲れたので早めに寝たいと思いますzzz

 

Love,カピバラ