英語大好きカピバラさん

TOEIC980点、英検1級の通訳翻訳兼英会話講師カピバラさんが英語学習、英語を使った仕事、趣味などについて綴っています。

英会話教室から記事執筆のご依頼をいただいております【10月の英会話ポイントレッスン】

愛知県名古屋市にある英会話教室BRIDGE様から毎月記事執筆のご依頼をいただいております。会員様向けのメルマガの記事とブログ記事です。 

 

 

f:id:lovecapybara:20201019173132j:image

 

今月は「やっぱり」について書きました。

 

「やっぱり」とは、日本語では様々な意味があります。

記事の中では「やっぱり~が一番。」と「やっぱり~にする。」という2つを書きました。

 

私はビールではサッポロビールが一番好きなので、

Nothing beats Sapporo beer.

やっぱりサッポロビールが一番だ。

と言えます。

ほかにも、

Sapporo beer is the best.

とも言えます。

文頭に "After all" をつけて、

After all, Sapporo beer is the best.

をつけると「やっぱり」のニュアンス、「いろいろ試したけど、やっぱり」がビビッドになるのかな、と思います。

 

やっぱり~にする、というのもよく使う表現ですよね。私はマクドナルドでなかなかセットドリンクを決められません。 

I'll have an orange juice.

Oh, actually, I'll have a ginger ale.

オレンジジュースにします。

あっ、やっぱりジンジャエールにします。

 

そして最後に

I shoud've ordered coffee...

やっぱりコーヒーにすればよかった。。。

 

となるのですが汗

"I shoud've" 「やっぱりこうすればよかった」という後悔の気持ちを表す表現です。

 

ぜひ使ってみてくださいね!

 

Love, カピバラ