英語大好きカピバラさん

TOEIC980点、英検1級の通訳翻訳兼英会話講師カピバラさんが英語学習、英語を使った仕事、趣味などについて綴っています。

【すぐに】英語に翻訳すると

こんにちは、カピバラです。

 

本日確定申告を済ませました。まだの皆さん、すぐに済ませましょう!〆切はすぐですよ!

 

さて、今日は翻訳していると悩む、「すぐ」を考えてみたいと思います。

 

-私はもうすぐ30歳になります。

f:id:lovecapybara:20190304132404j:image

I will be 30 soon.

 

「soon」は「すぐに」という意味ですが時間的に幅を利かせた感じがあり、場合によっては数日後、数週間後まで意味することもあります。「shortly」「presently」は「soon」の丁寧な、少し堅い表現になります。

 

-すぐにメールを送ってください。

f:id:lovecapybara:20190304132551j:image

Can you e-mail me as soon as possible?

 

Can you e-mail me immediately?

 

「as soon as possible 」は「出来るだけ早く」という意味でビジネスシーンでもよく使われます。略して「ASAP」ですね!ただ、「出来るだけ」という意味でもあるように緊急性があまり高くありません。今すぐ何かしてほしい、という時には「immediately」を使うといいでしょう。

 

-私はトップランナーのすぐ後ろを走っていた。

f:id:lovecapybara:20190304132559j:image

I was running immediately behind the first runner.

 

この「すぐ」を意味する「immediately」は位置にも使えます。距離的に間隔のない様子を表す時に使います。

 

-運転手と乗客はその事故で即死した。

f:id:lovecapybara:20190304132422j:image

The driver and passengers were killed instantly in the accident.

 

「instantly」は「immediately」よりも時間差がなく一瞬のうちに、とか即座に、というニュアンスがあります。

 

今すぐやります!

f:id:lovecapybara:20190304133658j:image

Have you made a quotation for the new project yet?

(新プロジェクトの見積もりもう作ったかい?)

I'll do it right away!

(すぐやります!)

「すぐに」という意味において、「right now」は何かお願いするときに使い「right away」は返事する時によく使うことが多いように思われます。

 

一言で「すぐ」と言ってもたくさんの表現があるんですね!

 

Love,カピバラ